BLOG

筋トレと高齢者

2018/10/14
ロゴ
高齢者と筋トレ 高齢者の定義としては65歳以上ということになっていますが、もはや現代社会においては65歳ではまったく高齢者という感覚がないのは多くの方も実感していると思います。 しかしながら、今後ますます高齢社会になって少子化が進行していき、人口減少社会になっていく中で寿命を長くしていくこと、その長くした寿命の中でいかに健康でいられるかについては国家的な課題でもあります。 おそらく多くの方々は自分の老い先について安心しておきたい、家族にも迷惑をかけたくないとお考えになっていると思います。そこで、すべての方々にメリットのある筋力トレーニングと高齢者とのかかわりについて考えていきたいと思います。 筋トレの必要性 高齢者にとって筋トレの必要性は、確実にあります。 なぜ、高齢者にとって筋トレが必要なのかというと、例えば身長170数センチ、体重60数キロ、重い方になると70キロ、80キロの方もたくさんいますが、このような長さと重さを持った体を地球の重力の影響下でコントロールしていかなければいけない生き物だからです。 しかも、ほとんどの動物が常時四足歩行で歩くのに対して、我々人間は二足歩行ということになります。二本の足で立って、その長さと重さを支えなければいけないわけですから、重力にいかに抵抗することができるかという筋力が重要になってきます。